しおりのイラスト
一覧に戻る
ダイバーシティ

【ダイバーシティ】

だいばーしてぃ

Diversity、日本語にすると「多様性」。例えば、集まった人に太陽の絵を描いてもらうと、色や形など表現の仕方は実にさまざまです。このように、年齢やジェンダー、人種、身体的特徴、価値観などのアイデンティティの違いが存在していることを指します。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の理念には、あらゆる違いを受け入れ認め合う社会を目指す「ダイバーシティ&インクルージョン」が盛り込まれていますが、背景には、見た目や所属するコミュニティの違いなどに基づく差別や抑圧の問題があります。

関連用語

【マイノリティ】

「少数派」という意味。反対語はマジョリティ(多数派)。多様な性のあり方を表す「性的マイノリティ(セクシャルマイノリティ)」など、少数なだけでなく、偏見や差別などにより社会的に弱い立場のグループや人々のことを指す場合が多いです。

【インクルージョン】

「包括」「包摂」つまり、包み込み、受け入れるということ。「ソーシャルインクルージョン(Social Inclusion)」とは、社会的に弱い立場の人を含め誰一人取り残さず社会の一員として包み込み、支え合って生きていこうという考え方です。

事例

ソーシャルファーム