しおりのイラスト
一覧に戻る
地域包括ケアシステム

【地域包括ケアシステム】

ちいきほうかつけあしすてむ

75歳以上の高齢者(後期高齢者)の人口割合が急増する2025年以降、医療・介護のニーズが一気に高まることが見込まれています。そのため推進されているのが、医療機関や介護事業者、行政・各種団体が連携して、住まい・医療・介護・介護予防・生活支援に関わるサービスを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」。住み慣れた土地で、誰もが最期まで自分らしく生活できることを目的とした仕組みで、地域の特性に合わせてつくり上げることが重要とされています。近年は高齢者のケアにとどまらず、障害者、子どもやその家族などの暮らしの支援に対象を拡大しまちづくりへと発展しています。

関連用語

【地域包括支援センター】

地域の高齢者とその家族を対象に、介護予防、総合相談、権利擁護など総合的に支援を行なう窓口。専門職がチームとなって、地域のさまざまな支援機関やサービスなどと連携して高齢者の生活を支えます。自治体によっては、社会福祉の複合的な問題にワンストップで対応する「多機関型地域包括支援センター」を設置しています。

【済生会地域包括ケア連携士】

地域包括ケアシステムの構築のため、医療と福祉の連携・調整に加え、行政、企業、NPO、ボランティア、自治会など各方面とのつなぎ役を担う済生会独自認定の職種。済生会では積極的に育成しており、一定の実務経験を持つ職員が所定の研修を修了することで認定されます。

事例

無料低額診療