しおりのイラスト
一覧に戻る
医療ソーシャルワーカー(MSW)

【医療ソーシャルワーカー(MSW)】

いりょうそーしゃるわーかー

医療機関などにおいて、院内外の多職種、関係機関と連携し、患者さんが地域や家庭で自立した生活を送れるように支援する福祉の専門職。具体的には患者さんやその家族から入退院や在宅生活の不安などを聞き取り、退院後の生活に必要な機関と調整をしたり、経済的な負担を軽くするためのサービスにつなげたり、患者さんに寄り添い橋渡し役を担います。また、行政や地域の医療福祉機関などとネットワークをつくり、誰もが暮らしやすい地域にするためのしくみづくりなども行ないます。日本初のMSWは、済生会芝病院(現在の済生会中央病院)に勤めていた清水利子さんです。

関連用語

【社会福祉士】

障害や生活環境などを理由に日常生活を営むことが困難な人に対し、福祉や医療に関する相談に応じて助言、指導などを行なう専門職。利用者さんの支援のために関係機関と連携や調整を行なうだけでなく、医療、福祉、司法の分野など幅広いフィールドで活躍しています。

【済生会ソーシャルインクルージョン推進計画】

まだ広く一般には知られていない「ソーシャルインクルージョン」という考え方を、事業を通じて根付かせていこうとする済生会独自の計画。ショッピングモールでの健康相談やフードバンク事業の実施など、済生会の病院や福祉施設において1696の取り組みを行なっています。

事例

ソーシャルインクルージョンのまちづくり