しおりのイラスト
一覧に戻る
児童発達支援事業

【児童発達支援事業】

じどうはったつしえんじぎょう

障害のある子どもや、言語能力や運動能力などに偏りのある子どもに対して、日常生活・社会生活を円滑に送ることができるよう、個々の特性に応じて福祉的、心理的、教育的、医療的に支える事業。着替えや排せつなどの基本動作のサポートをしたり、発語・運動機能を向上させる訓練や集団生活に馴染めるようコミュニケーションをとる訓練をしたりと、遊びを通じて支援しています。児童発達支援事業所では、集団指導と個別指導の2つの指導を実施することのほか、子育てにおける悩みや心配事に耳を傾け、家族に寄り添いサポートします。

関連用語

【居宅訪問型児童発達支援】

重度の障害をもち、外出が困難な子どもに対して、自宅を訪問して発達支援を提供するサービス。人口呼吸器の装着やたんの吸引を要するなど、日常的に医療のサポートが欠かせない医療的ケア児などが孤立せずに地域で暮らせるように支援します。

【放課後等デイサービス】

就学中の障害児に対して、学校教育と並行して自立のための訓練を継続し、さらに放課後などの居場所づくりを推進するサービス。子ども一人ひとりに合った発達支援だけでなく、子育てのお悩み相談や一時的なケア代行といった保護者の社会的支援を行ないます。

事例

がん対策