しおりのイラスト
一覧に戻る

刑務所出所者を社会の一員として復帰・自立できるよう手助けし、再犯防止・改善更生を図ることを支援する活動です。行き場のない刑務所出所者が生活に困り、再犯に走らないよう、生活基盤の確保に力を入れています。更生保護施設を中心とした帰住先・定住先の確保や生活指導のほか、職業相談や職業紹介などの就労支援も行なっています。保護観察官による支援のほか、社会適応に悩む少年少女と年齢の近い相談役・友達として青年ボランティアが自立や成長を支えるBBS運動(Big Brothers and Sisters Movement)など、より身近に寄り添う支援活動も行なわれています。

関連用語

【自立準備ホーム】

出所後の行き場がない刑務所出所者の帰住先として、一時的な受け入れを行なう施設です。保護観察所に登録されているNPO法人や社会福祉法人などが管理・運営しています。施設の形態は団体ごとに異なりますが、どの施設でも居場所や食事の提供と、安定した社会生活を送る上で必要な知識や能力を身に付けるための訓練・生活指導が行なわれています。

【保護司】

法務大臣から委嘱を受け、刑務所出所者の更生・社会復帰の支援を行なう非常勤の国家公務員です。地域の事情に精通した民間人がボランティアで活動しています。刑務所出所者の生活指導や支援を行なう「保護観察」、帰住先の調査や身元引受人との話合いなどの「生活環境調整」、地域住民の理解を深め、刑務所出所者を受け入れる地域づくりを目指す「犯罪予防活動」の三つが主な活動です。

事例

地域生活定着支援センター