しおりのイラスト
一覧に戻る
医療的ケア児

医療的ケア児

いりょうてきけあじ

障害がある子どもの中でも、家族・教員や、訪問看護師、ホームヘルパーなどの職員により、たんの吸引や経管での栄養補給など、医療的ケアを受けている人を指します。近年、新生児医療技術や新生児集中治療室(NICU)の発展により、超未熟児や先天的疾病を持つ子どもたちの命を救えるようになりましたが、心身の機能に障害がある場合もあり、退院後も継続して医療的ケアを必要としています。令和3年6月には、「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」が成立しました。医療的ケア児の日常的・社会的なケアを社会全体で支援し、家族の負担軽減、離職の防止を目指すものです。保育所や学校への看護師の配置、医療的ケア児とその家族への相談対応・助言・その他支援を行なう「医療的ケア児支援センター」の設置など、行政・医療機関・教育機関の連携が進められています。

関連用語

【医療的ケア児等医療情報共有システム(MEIS)】

医療的ケア児の治療情報をデータベース化するシステム。事前にスマートフォンやPCから処方薬やケアの記録、使用している医療器具の仕様などの情報を入力しておくと、旅行時・外出先で緊急搬送された際に、救急隊員や医療機関などのかかりつけ医以外でも的確な処置を迅速に行なえます。MEISとは”Medical Emergency Information Share”の頭文字をとったものです。

【新生児集中治療室(NICU)】

Neonatal Intensive Care Unitの略称で、早産児や低出生体重児、何らかの疾病があり胎外での成長に支援が必要な新生児のための集中治療室です。新生児にストレスを与えない環境で、24時間体制で治療やケアを行ないます。また、容体が安定した新生児が、退院の準備をしながら継続して治療を受けるための新生児回復室(GCU)が併設されている病院もあります。

事例

SOGI