心と身体の痛みを和らげ、その人“らしさ”を取り戻す「緩和ケア」 心と身体の痛みを和らげ、その人“らしさ”を取り戻す「緩和ケア」 がん患者と家族のつらさを少しでも軽減したい
2022.7.29

患者さんの“心の声”に向き合う。
その人らしさを支える「緩和ケア」って?

Let’s SINC

患者や家族の心と身体の痛みを和らげ、がん療養中のQOL(生活の質)を向上させる

がん患者と家族が抱える不安や悩み

がんの療養中には、さまざまなつらさが患者さんを悩ませます。病気の進行による痛みや倦怠感はもちろん、治療に伴う身体の変化、これからの日々に対する不安、働けないこと、家族の面倒が見られないこと……。
そばにいる家族は、病と闘う本人のつらさを同じように感じることができないこともあり、どのように接すればよいのか、何ができるのかと思い悩みます。

そんながん患者さんの身体と心、家族の思いに寄り添い、少しでも穏やかに日々を過ごしてもらうためにサポートするのが、「緩和ケア」。
緩和ケア内科とは、がん末期を苦痛なく過ごすことを目的に、症状を和らげるケア(緩和医療)を専門にした診療科です。通院・入院を問わず、「がん」と診断された瞬間から治療と並行して、患者さんや家族が抱える悩みや不安について納得できる選択ができるよう、医師、看護師、薬剤師、栄養士などがチームとなって支援します。

がん末期においては、在宅医療を活用する自宅療養やホスピスという選択肢もありますが、緩和ケア病棟は身体と心のつらさを緩和するための医療的なサポートが24時間受けられることが大きなメリットです。

今回は、群馬県・県央地域(前橋・高崎)で唯一の緩和ケア内科をもつ群馬県済生会前橋病院の緩和ケアについて紹介します。

最期まで「自分らしく」生活してほしい

前橋病院の緩和ケア病棟は全室個室。起床時間や消灯時間はなく、面会時間も自由です(コロナ禍の現在は面会時間を30分目安にして実施)。「病院にいても家で過ごしているような気持ちになってほしい」という思いから、病棟の中には家族と一緒にくつろげる空間も作られています。

緩和ケア病棟には、がんの末期を苦痛なく過ごすことを目的とした患者さんが入院します。過酷な治療に疲れ果て、「緩和ケア病棟で穏やかに生活したい」という思いの人もいれば、「とうとうここまで来てしまった」と絶望に似た思いを抱く人も。闘病を身近で支え続けた家族も、患者同様に複雑な思いを抱えています。

「患者さんやご家族も、ケアする私たちも、『最期まで自分らしく生活したい・してほしい』という思いは同じです」と緩和ケア内科で看護師を務める角田美奈子さんは語ります。

緩和ケア病棟の看護師(中央が角田美奈子さん)
緩和ケア病棟の看護師(中央が角田美奈子さん)
病棟内でお散歩。七夕飾りを見て「写真を撮って家族に見せてほしい」とスタッフに話す7月7日生まれの患者さん
病棟内でお散歩。七夕飾りを見て「写真を撮って家族に見せてほしい」と
スタッフに話す7月7日生まれの患者さん

「医療用麻薬」への誤解を日々のかかわりの中で解消

角田さんは日々、がん患者さんと接する中で「看護師には患者さんの胸の内の思いを引き出して受け止め、気持ちが整うようにかかわる役割がある」と痛感したと話します。

乳がんのAさんは、入院当初からの呼吸困難感やがん性疼痛※1の症状緩和のために麻薬の投与が必要でした。しかし、Aさんは医療用麻薬の投与を強く拒んだといいます。そのため、発作時や症状がひどい時などは、担当医から処方された飲み薬を服用していましたが、日に日に服用回数が増えていきました。
「そこで再度医療用麻薬の投与を提案しましたが、やはり本人の拒否が強く、導入には至りませんでした」

Aさんは、家族のことや営んでいた理髪店の話を1時間ほども聞かせてくれる、話し好きな性格。
ふとした会話の中でAさんが「知人に麻薬中毒者がいた。使用すると中毒になる」と胸の内を話したことから、医療用麻薬を拒む原因が誤った情報の思い込みだと分かったのです。

「そこで少しずつ医療用麻薬との違いと必要性をAさんに伝えていきました。その後、飲み薬では効かないほどの強い痛みに襲われてしまい、注射で医療用麻薬を使用しました。すると『注射をしたらいくらかよくなった。飲み薬では無理そう』と納得され、医療用麻薬の持続投与に移行できました」

その後、Aさんは痛みが落ち着き、家族の介助で入浴や食事を楽しむことができるようになりました。
日々のかかわりの中で本人の抱えていた本当の思いに耳を傾け、正しい知識を伝えたうえで実際に心身への効果を実感してもらうことが重要だったと角田さんは話します。

※1 がん性疼痛…がん自体への痛みや治療の痛み、その他を含むがん患者に生じる痛みのすべて

カンファレンスには医者、看護助手、栄養士が参加。患者の病態や精神状態、家族との関係性などを情報共有する
カンファレンスには医者、看護助手、栄養士が参加。
患者の病態や精神状態、家族との関係性などを情報共有する

胸の内を打ち明けられる存在を目指して

胃がんと診断され緩和ケア病棟へ入院した30代女性のBさん。
「Bさんは不安や恐怖を看護師に吐露する場面は少なく、看護師たちにはあえて明るく振る舞う方でした」と角田さんは当時を振り返ります。

「しかし、日に日に起き上がることさえできなくなったことなどへの苛立ちを一番近い存在であるお母さんにぶつけてしまう場面もありました。Bさんのお母さんは、『代われるものなら代わってあげたい』と弱っていく最愛の娘に献身的に寄り添っていましたが時に疲れた表情を見せることもありました。そんな姿を見て、お母さんがつらい気持ちを吐き出せるような環境を整え、限られた時間を二人で有意義に過ごしてもらえるよう、どうサポートできるか考えました」

看護師との会話の中で、時折「○○が食べたいな」と話していたBさん。そこで、咀嚼して吐き出すという方法でBさんが本当に食べたいものを食べてもらうことを提案。お母さんが好物のたこ焼きを口に運ぶと「美味しい」と笑顔が溢れました。

「Bさんの希望に応えるだけではなく、自分の手で食事を食べさせ喜ぶ娘と接することで、お母さんの表情も次第に明るく穏やかになっていきました。Bさんが旅立った時のお母さんはもちろん悲しみもありましたが、一緒に過ごす時間の中で〝娘が頑張った末に迎えた死〟だということを受け入れ、後悔がないように見えました」

看護師は、患者さんや家族にとって何でも話せる存在となるために、誠実に向き合うことが重要だと角田さんは語ります。

病気によって心身が変化する中でも患者さんの声に向き合い、「その人らしさ」を支える緩和ケア。
前橋病院の緩和ケアチームは、医療の専門的なサポートで病気による身体のつらさを和らげるだけでなく、患者さんや家族にとってなんでも話せるよき理解者として日常を支えています。